vSphere 6.5以降の環境から仮想マシンを OVAでエクスポートするには?

CJです。

いまさら感がありますが、vSphere 6.5 からは 仮想マシンをエクスポートする際に “OVF”のみがサポートされるようになっているようです。

vSphere6.0 までは、vSphere Client が使えて、仮想マシンをエクスポートする際に OVF or OVA どちらかのファイル形式が選択可能でした。これが、vSphere 6.5 からは vSphere Web Client のみをサポートすることになり、統合プラグイン関係で OVFのみをサポートする形に変わったようです。

とはいえ、やはりファイル1個で使いやすかった OVA は継続的に使いたいですし、移行先のクラウドが OVA のみ対応しているのあれば、なおさらです。

このような状況を踏まえ、vSphere6.5 以降の環境で動いている仮想マシンを OVA にエクスポートしたい方向けにその方法を共有したいと思います。

vSphere 6.5環境で動いている仮想マシンを oVA にするには?

早速ですが、その方法は以下のように、一度 OVFでエクスポートし、それを ovftool を使って OVA に変換することです。

 

 

事前準備

ovftool インストールを踏み台サーバーにインストールが必要です。

ここでは、踏み台サーバーとして Windows を例とします。 Linux または Mac OS X も各自の環境に合わせて適切なパッケージを使えば、使用可能です。

1.OVF Tool Documentation ページへ移動して、最新バージョンをダウンロード

2.ダウンロードしたインストーラーを実行して、インストール完了。

3.環境変数に PATH を登録する (手順は割愛します)と便利。

OVFエクスポート

vSphere Web Client から “仮想マシン > テンプレート > OVF 。。。” メニューからエクスポートを実施。ここでひとつTipとして、OVFエクスポートは HTML5版の vSphere Web Client を使用するのをお勧めします。フラッシュ版の場合、エクスポートのステータスや表示が正常に表示されないケースがあります。

OVAへの変換

OVFファイルの場所例: D:\CJ\powercli\ovftool\ovf\vcsa01_cj-lab.com.[ovf, mf, vmdk]

OVAファイルの変換先例: D:\CJ\powercli\ovftool\ova\vcsa01_cj-lab.com.ova

以下のコマンドを実行する。

>ovftool ./vcsa01_cj-lab.com.ovf ../ova/vcsa01_cj-lab.com.ova

すると、以下のようにコンバートが行われます。

最後に、”Completed successfully” メッセージが表示されれば、完了です。

いかがですか、とても簡単ではありませんか。

個人的にも OVAサポートは継続してほしいところですが、そこは vmwareさんに改善を期待しながら、今現時点ではこのような対策を活用いただければ嬉しいです。

 

[参考情報]

OVF Tool Documentation

https://www.vmware.com/support/developer/ovf/