ESXiバージョン別の vSAN 性能を比較してみると?

CJです。

vSANは基本 ESXi バージョンアップに合わせて、様々な改善が行われます。

今年2月にも ESXi 6.0U3がリリースされ、以下のような vSAN性能改善が行われたことが知られています。

Virtual SAN のパフォーマンス:VMware ESXi 6.0 Update 3 リリースでは、I/O パスの最適化を実現するため、複数の修正が加えられています。これにより、オール フラッシュ構成およびハイブリッド構成の Virtual SAN のパフォーマンスが向上します。

リリースノートのこの文面だけでは、実際どれくらい性能が向上されたかがわかり難かったため、性能測定を行い、その結果を共有したいと思います。

テスト環境

いつもの大好きな RAID-6 (Erasure Coding) の vSAN環境となります。

性能測定方法

fio を利用して性能測定 (IOPS)

#同一条件で行ったため、細かいパラメータはスキップします。

テスト結果

1プロセッサーの場合 (1P)  / 4プロセッサーの場合 (4P)

いかがでしょうか。

リリースノートに書いてあったパフォーマンス向上の話は本当であり、かつ1行の説明で終わっているような感もしますが、実は測定結果の通りに大きな改善がありました。念のため、現時点の最新バージョンである ESXi 6.5U1 と比較してもそれほど変わらないこともわかります。これから vSANの使用をご検討の方、ESXi 6.0U3 より前のバージョンを使っている方はぜひ ESXi 6.0U3 以上の使用をご検討いただいたらいかがでしょうか。

 

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *