vROps 6.6から vSAN 情報をみてみたら?

CJです。

最近、vRealize Operations Manager 6.6 (以下、vROps)がリリースされたこと、知っていますか?

リリース当日にはまだ日本語のリリースノートページが公開されていなかったですが、今現在は日本語のリリースノートも公開されています。今回はそのリリースノートの中で、個人的にもっとも気になる以下の2点について紹介したいと思います。

・新しい HTML5 ユーザー インターフェイスは、より簡単で一貫性のある使用環境を提供します。

・ネイティブな vSAN 管理機能の追加:

– 複数のストレッチ クラスタにわたって一元的に管理できます。

– フォーマンス、キャパシティ、ログ、構成、健全性など、vSAN のすべてを管理できます。

まずは、既存の vROps と今回のUIがどう変更されたかをみてみましょう。

何か雰囲気変わっていること、わかりますか?

画面が小さくてわかりにくかったかもしれないので、改めて vROps6.6 のみの画面をみるとこんな感じです。

すごく見やすくなっていますね。vROps は非常に情報量が多い製品でもあるため、このような感じで見やすくなっているのはとても嬉しいです。

HTML5の新しいUIの雰囲気がわかったと思いますので、早速 vSANのネイティブ管理は実際どんな感じかも見ていきましょう。

左メニューバーにデフォルトで vSAN関連メニューが表示されていることがわかります。

また、3番のようにクラスターの構成状態および健全ステータスが一目で把握できるようにビジュアル的(3番)にも工夫されています。

下にスクロールしてみると遅延・輻輳している状態(6~8番)についても、簡単に状況が把握できるようになっています。

それだけではなく、やはりvSANではホスト・ディスクループの状態も確認したいと思いますが、そういった項目(11~15番)も予め用意されていることがわかります。

vROps といえば、このようなヒートマップのイメージが強いかと思います。

きちんと vSANクラスタに対してもヒートマップが用意されています。

ここまでは、vSAN トラブルシューティング時に参考となりそうな情報でした。

が、これだけではありません。まだ続きます。。

vSAN はキャパシティの管理が日々の運用において、とても大事ですが、そのキャパシティ関連情報が大変わかりやすく、一目瞭然に整理されています。

最後に、リソース枯渇までの日数などまで表示してくれます。

一通りみてみましたが、いかがですか?

vSANのキャパシティ情報を確認するためには、多くの方が基本 vSphere Web Client に接続をしてみたり、トラブルシューティングの際は PowerCLI または RVC などを使って詳細を確認してきたかと思います。また、既存の vROps ではカスタマイズのダッシュボードをユーザーが直接作成したり、あるいは関連パックを適用して使ったりしてきたと思います。

vROps6.6を使えば、このような日々運用上の負担および迅速なリソース状況の把握など、vSAN環境をより効率よく運用できるかと思います。もし、これから vSAN環境の使用を検討中の方がいらっしゃったら、vROps6.6も合わせて検討いただければと思います。

#一緒にパッケージングされているサービスを使う手もあります。

[参考情報]

http://pubs.vmware.com/Release_Notes/jp/vrops/66/vrops-66-release-notes.html

vSAN RAID-6 構成の実態とは?

CJです。

vSANで RAID-6相当の構成が組めること、知っていますか?

vSAN6.2 より、Erasure codingがサポートされうようになって、RAID-6相当の構成ができるようになっています。今日はそのRAID-6構成の実態について軽く共有できればと思います。

本題に入る前に、RAID-6相当という言葉を使っていますが、それは物理サーバーのRAID構成とは異なるためです。vSAN上のRAID-6相当が適用される対象は、物理サーバーのRAIDコントローラーではなく、仮想マシン(以下、VM)であることです。

では、早速 RAID-6構成の実態をみてみましょう。

VMにRAID構成を適用するには、”仮想マシンストレージポリシー”にて、まず適用したいRAID-(1/5/6)構成情報を作成します。そのあとは、”VMに適用する”だけです。とてもシンプルです。

vSphere Web Client > ホーム > 仮想マシンストレージポリシー

RAID-6を構成するには、上記のように赤い四角のところを設定していただくだけです。

・許容する障害の数:2

・障害の許容方法:RAID-5/6 (Erasure Coding)

このように作成したVMストレージポリシーは、以下のように新規VM作成時に選択可能となります。

もし、既存動作中のVMのストレージポリシーを変更したい場合は、

VM > 管理 > ポリシー > 仮想マシンストレージポリシーの編集 にて設定変更が可能です。

次は、一歩深く中身の実態をみていきましょう。

vSAN上の RAID-6構成実態を簡単な絵にしたのが、次です。

 

・仮想マシンストレージポリシー (RAID-6) を作成しました。

・作成した仮想マシンストレージポリシーを VMに適用しました。

・VMはさらに VMホーム、VMDKなどの Object で構成されています。

・また、一つのObjectは 複数の Component で構成されています。

・この Component が ESXi ホスト6台に、きれいに分散されて保存されます。

実際、RAID-6構成になって、各ESXiサーバーに Component が分散されていることは、vSphere Web Client からも確認できます。次です。

VM > 監視 > ポリシー > Object (VMホーム) 選択

どうですか? GUI上からもコンプライアンスが守られていて、きちんと各ESXi 分散されているのが簡単に確認できますね。

まとめ

vSANのRAID-6構成、少し理解いただけましたか?

仮想マシンごとにRAID構成が適用可能であること。つまり、一つのvSAN環境で複数の RAID-(1/5/6) 構成を動かす (VMに適用する) ことができるのようになったのは、様々なユースケースにおいて今までとは違う柔軟な対応が可能になったのではないでしょうか?

その中でも、やはりRAID-6構成は、2重障害にも耐えれるのでとてもメリットは大きいと思います。ぜひ、vSAN環境を一度試してみてください。

 

[参考情報]

VSAN 6.2 Part 2 – RAID-5 and RAID-6 configurations